webinar register page

Webinar banner
自治体調査データを掘り起こすーEBPM・政策研究の可能性と課題
RISTEX科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム「子どもの貧困対策のための自治体調査オープンデータ化手法の研究」(研究代表者:阿部彩)ならびに「病床の減床と都市空間の再編による健康イノベーション」(研究代表者:伊藤由希子)は下記の通り、自治体が保有する統計データや行政記録情報の利活用に関するオンラインシンポジウムを開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

日時    :2021年3月5日(金)14時00分〜17時30分
開催方法  :Zoomウェビナー(*事前登録 必須)
スケジュール :
■第一部 14:00〜15:30
■■主旨説明
森田 朗氏(RISTEXセンター長/津田塾大学総合政策学部教授)「少子高齢化社会における自治体データ活用の意義について」

■■政府動向
平本 健二氏(内閣官房政府CIO上席補佐官)「政府における自治体データのオープン化の取り組み」

■■事例報告
川口 遼氏(東京都立大学子ども・若者貧困研究センター特任助教)「自治体保有の社会調査データの二次利用について」
伊藤 由希子氏(津田塾大学総合政策学部教授)「地方行政機関が保有する医療データの二次利用について」

■休憩  15:30〜15:45

■第二部 15:45〜17:30 
■■事例報告
三輪 哲氏(東京大学社会科学研究所教授)「自治体調査データのデータアーカイブへの寄託について」

■■パネルディスカッション
発表者ならびに自治体担当者「自治体保有データの二次分析の可能性と課題」

*発表タイトルは変更の可能性があります。
*第二部にて自治体担当者による事例報告を行うよう調整中です。

主催    :東京都立大学 阿部 彩研究室・津田塾大学 伊藤 由希子研究室
問い合わせ :東京都立大学子ども・若者貧困研究センター rccap@tmu.ac.jp

*当日参加用のURLならびに当日の連絡先は追ってお知らせ申し上げます。
*本シンポジウムは科学技術開発機構社会技術研究開発センター(RISTEX)研究開発プログラム「科学技術イノベーション 政策のための科学」の一環として開催されています。

Mar 5, 2021 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: 東京都立大学子ども・若者貧困研究センター.