webinar register page

Webinar banner
9/30大規模災害に耐えうる災害支援システムに関する オンライン・セミナー
大規模災害に耐えうる災害支援システムに関する オンライン・セミナー

【開催趣旨】:
2018年の北海道胆振東部地震においては、停電が全道の295万戸に及び、予備電源が枯渇したことにより、最大6,500の基地局が停波しました。こうした大規模災害にも新たなネットワークインフラおよび災害支援システムとして室蘭工業大学 大学院工学研究科 教授董 冕雄(トウ メンユウ)氏は「天・地・人」次世代災害支援システムの研究開発を行い、令和元年度北海道科学技術奨励賞を受賞されました。「天・地・人」はドローン、D2Dネットワーク、LPWANの3つの先端技術の独創的な融合により即時的なネットワークインフラを構築するものです。
この度、董教授に講演をいただくとともに、災害時におけるドローンの活用についても関係各社より情報提供をいただきます。

【開催日時】:
2020年9月30日(水)13:30-15:40(受付開始13:15- )

【開催形式】:
Zoomウェビナー、札幌駅前ビジネススペース(札幌市中央区北5条西6) 2Iから中継
会場は講師とスタッフのみとし、基本オンラインウェビナーとして開催します

【プログラム】:
13:30 開会挨拶

13:35-14:30 基調講演「安心・安全な地域社会のための災害支援システムの研究開発」
室蘭工業大学 大学院工学研究科 教授 董冕雄(トウ メンユウ)氏

14:30-15:00 講演2「GIS 防災減災プラットフォームとドローン等を用いた発災時の情報共有について」
ESRIジャパン株式会社 工藤大史氏 / 株式会社リアルグローブ 代表取締役 大畑貴弘氏

15:00-15:30 講演3「災害対応に向けた衛星・ドローン・GIS活用について」
北海道ドローン協会 会長 小川健太氏(酪農学園大学 農食環境学群 環境共生学類 准教授)

【参加費】:
非会員一般3,000円 主催・共催団体の会員、官公庁・自治体職員 2,000円
視聴アカウントごとに参加費が発生します。
(注1.会議室などに集まって1台のパソコンの同じ画面を複数人が視聴する場合、料金は変わりません。)
(注2.同一会社でも別々の場所から、それぞれ視聴する場合は各々に課金となります。それぞれ参加登録ください)

【お支払い方法】:
銀行振込(開催後に郵送にて請求書を送付いたします。銀行振込にてお支払いください)
※請求書の宛名は個人名ではなく、お申し込み会社名となります

【詳細】:
下記アドレスをご参照下さい
https://h-sangakukan.jp/events/2886


【主催】:
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム

【共催】:
産学官CIM・GIS研究会、特定非営利活動法人Digital北海道研究会、北海道ドローン協会

【後援依頼先】:
一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部、一般社団法人北海道建設業協会、
一般財団法人北海道河川財団、日本写真測量学会北海道支部、地理情報システム学会北海道支部 他

【連絡先】:
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム(担当 藤原) info@h-sangakukan.jp

※セミナーは「Zoomウエビナー」を利用します。初めてご利用のお客様は事前にテストサイトにて動作をご確認下さい。なお参加者のマイクとカメラは必要ございません。 http://zoom.us/test
※ご登録メールに前日及び当日に視聴アドレスのお知らせが届きましたら、当日そちらに記載のリンクよりアクセスください。

Sep 30, 2020 01:30 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

董冕雄(トウ メンユウ)
基調講演「安心・安全な地域社会のための災害支援システムの研究開発」 @室蘭工業大学 大学院工学研究科 教授
工藤大史 / 大畑貴弘
講演2「GIS 防災減災プラットフォームとドローン等を用いた発災時の情報共有について」 @ESRIジャパン株式会社/ 株式会社リアルグローブ 代表取締役
ESRIジャパン株式会社 工藤大史氏 / 株式会社リアルグローブ 代表取締役 大畑貴弘氏
小川健太
講演3「災害対応に向けた衛星・ドローン・GIS活用について」 @北海道ドローン協会 会長 小川健太氏(酪農学園大学 農食環境学群 環境共生学類 准教授)