webinar register page

Webinar banner
仮想空間の技術・創作の現状と知的財産法
仮想空間を巡る技術の進展やその実用化は顕著なものとなっている。現実世界と仮想空間との連携も進んでいる一方で、法的保護の議論は緒についたばかりである。従来の法的な議論が通用するのかについては疑問の余地があり、議論の前提としての論点を明らかにすることが求められる。
 本シンポジウムでは、仮想空間に関する技術・創作の現在の到達点を踏まえ、それに対する法的保護をめぐる問題点・論点を検討することを試みる。仮想空間にかかる技術・創作の現状につき、企業関係者の立場やデザイナー/クリエイターの立場から紹介いただくとともに、それらとデザイン関係の法制度一般との関係、出願実務との関係につき、弁護士の立場、弁理士の立場から検討を加えたうえで、登壇者全員によるパネルディスカッションを行うことを予定している。
なお、本シンポジウムにおいて析出された問題点・論点は、「『仮想空間』と『デザイン』との関係」を研究テーマとするデザインと法協会法創造研究部会・分科会4において継続して検討が進められる予定である。

Apr 23, 2022 05:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: Waseda RCLIP.