webinar register page

This webinar is for users with a Zoom account. New to Zoom? Sign up free.
2020年度 生物遺伝資源 国際ワークショップ【カルチャーコレクションとバイオリソース機関の名古屋議定書対応】
Title of the workshop
INTERNATIONAL BIORESOURCE WORKSHOP,2020
【Nagoya protocol implementation in Culture collections and Bio-resource facilities】

演題/Title of presentation
・ex situ コレクションにおける名古屋議定書/ABS対応の課題 (仮)
 How to follow the Nagoya Protocol/ABS in ex situ collections

・コレクションにおける名古屋議定書対応:ドイツの微生物コレクションDSMZの例(仮)
 Implementing the Nagoya Protocol in collections: an example from the German microbial collection DSMZ

*個人情報の取り扱い*
・利用目的について
 ご提供いただいた個人情報は、本セミナーにおける参加者リストの作成、
 ご質問へのお返事、今後開催予定のセミナーのご案内の目的で利用いたします。
・第三者提供について
 ご提供いただいた個人情報は、本セミナー講師へ提供いたします。

Dec 9, 2020 10:00 AM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register

Speakers

石田 孝英/Takahide ISHIDA
@国立研究開発法人 国立環境研究所
生態学分野で学位取得後、スウェーデンでのポスドクなどを経て、 製品評価技術基盤機構(NITE)で微生物コレクションとABSに従事。 現在は国立環境研究所でABS対応を担当。
Amber Hartman Scholz
@ドイツ微生物細胞培養コレクションDSMZ 副所長
DSMZが初のEU登録コレクションとして認定されたことにチームリーダーとして貢献。 アメリカ科学技術政策局等での勤務から、科学政策において幅広い経験を持つ。 ジョンズ・ホプキンズ大学において、生物学の博士号を取得。