webinar register page

Webinar 2月10日 タイの書類のサインは、どこまで電子化できる?
2021もコロナウィルス感染のリスクと共に事業継続する必要があります。
そこでこの状況下で事業継続のリスクに対処するための、システム事例を2回に分けてご紹介いたします。

第2回【タイの書類のサインは、どこまで電子化できる?】

昨今、一部の事務管理業務についてスタッフ様の在宅勤務を対応検討される会社様が増えております。
しかしながら、書類をサインするために会社へ行かなければならないという方、多いのではないでしょうか。

■開催日時
2月10日(水) 日本時間15:00~16:00/タイ時間13:00~14:00

日本のハンコ文化と違って、タイは書類にサインが必要です。
見積書、発注書、請求書、領収書、その他の管理書類など、サインが必要な書類は多岐に渡り、毎月多くの書類を手書きでサインされている方、多いのではないでしょうか?
では、こうしたサインを電子署名で行えるように管理を見直す場合、どの書類は電子署名が認められて、どの書類はNGなのでしょうか?

本ウェビナーでは、タイでサイン電子化が認められている書類の整理から話していき、在タイ日系企業100社以上に採用されている業務管理システム Thomas-GLOBE による業務改善事例として、各種申請と承認のワークフロー電子化、ERP・会計システム導入による全体最適化の事例をご紹介いたします。

■講師:ACTY SYSTEM (THAILAND) CO., LTD. Managing Director 塚本 裕司様

■主催:DAiKO Global Marketing Co., Ltd.

※個人情報の取り扱いについて
ご登録頂いた情報は、お客様の連絡先へ当社が取り扱う商品やサービスに関連する情報や、当社が主催または参加するセミナー・展示会等のイベントに関する情報等をご案内させて頂く場合がございます。同意頂いた上でお申込をお願い致します。

Feb 10, 2021 03:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Focus on the essence of CS
Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: DAiKO Global Marketing.