webinar register page

Webinar banner
〜with コロナ時代だから考えたい〜 ESG投資が金沢に根付くには!?
新型コロナウイルス感染症の流行が落ち着きを見せ始め、様々な業種でコロナ前の数字に戻すことが最優先課題となりつつある今日。でも実は、コロナによって得られた「自分にも環境にも良い働き方」などの「新しい価値観」や「社会変革の芽」は失いたくない、と感じている方も多いのではないでしょうか。
「新しい価値観」を生かし、自然環境が改善するような、社会課題が解決するような、そんなお金の流れを作り出すには、どのような仕掛けが必要なのか。企業活動やお金の循環が戻り始めた今だからこそ、みなさんと一緒に考えたいと思います。SDGsとともに聞かれるようになってきた「ESG投資」という言葉。環境や社会課題に配慮して、ガバナンス(統治)もしっかりしている企業に投資しようというお金の流れを指します。日本では、2015年、私たちの年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、国連アナン事務総長が提唱した[国連責任投資原則(PRI)]に署名したことで加速した、といわれています。
さて、そんな「ESG投資」ですが上場企業ならいざ知らず、地域の企業はどのように経営に取り込んでいけばよいのでしょう?「ESG投資」を主流化するために市民にできることってあるのでしょうか? 
というわけで、今回は、2030年に向けて「ESG」の視点でお金の流れにもニューノーマルを生み出していくためのSDGsカフェです。

今回IMAGINEしていただくのは、金沢では知らない人のない伝統発酵食品の老舗、四十万谷本舗六代目・専務取締役の四十万谷正和さんです。四十万谷さんは、慶應義塾大学経済学部を卒業後、ハウス食品株式会社にて約10年間一貫して人事にまつわる仕事に携わった後、2017年に株式会社四十萬谷本社に入社。発酵を軸にお客様の生活のお役に立てる方法を模索中です。地方の伝統的中小企業の次代を担う身となり、改めて「これまで続けてこられた商いのやり方」の持続可能性に課題と危機感を感じているそうで、四十万谷さんの目から見る課題と危機感や、四十万谷さんが取り組み始めたことなどをシェアしていただきます。
そしてアイデアを提供してくださるのは、サステナビリティ経営・ESG投資アドバイザリーの会社である株式会社ニューラル代表取締役CEOの夫馬賢治さんです。夫馬さんは、東証一部上場企業や大手金融機関をクライアントに持ち、国のESG関連のアワード選定委員なども務めるESG投資の伝道師であり「ESG思考」の著者でもあります。ESGの基礎知識から世界のトレンドと日本の現状、ESGで地域にグルグルお金が回るようになるためのヒント等、金沢がESGで持続可能なまちになるためのアイデアを提供してくださいます。

【プログラム】

●金沢SDGsの紹介:永井 三岐子(国連大学IAS OUIK事務局長)

●IMAGINEする人
四十万谷正和(株式会社四十万谷本舗 専務取締役)

●アイディアを提供してくれる人
夫馬賢治(株式会社ニューラル代表取締役CEO)

●オンラインディスカッション

Jul 10, 2020 05:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

* Required information
Loading

Speakers

四十万谷正和(しじまやまさかず)
専務取締役 @株式会社 四十万谷本舗
2002年 金沢大学教育学部付属高等学校卒業。 2006年 慶應義塾大学経済学部卒業(学生時代は體育會少林寺拳法部) 2006年4月 ハウス食品株式会社入社。入社後は、採用、労務、人事制度、グローバル人事など、一貫して人にまつわる仕事を行う。 2017年 株式会社四十万谷本舗入社。 2019年 専務取締役就任。発酵を軸にお客様の生活のお役にたてる方法を模索中。都市圏ビジネスパーソンとの協働を通じた、都市と地域の活性化への挑戦もスタートしている。
夫馬賢治(ふまけんじ)
代表取締役CEO @株式会社ニューラル
サステナビリティ経営・ESG投資アドバイザリー会社を2013年に創業し現職。東証一部上場企業や大手金融機関をクライアントに持つ。著書『ESG思考』(講談社+α新書)他。環境省ESGファイナンス・アワード選定委員。国連責任投資原則(PRI)署名機関。ESG投資、サステナビリティ経営、気候変動金融リスクに関する講演や、CNN、フィナンシャル・タイムズ、エコノミスト、ワシントン・ポスト、NHK、日本経済新聞、毎日新聞、フォーブス等メディアからの取材も多数。ニュースサイト「Sustainable Japan」編集長。ハーバード大学大学院リベラルアーツ修士課程(サステナビリティ専攻)修了。サンダーバード・グローバル経営大学院MBA修了。東京大学教養学部(国際関係論専攻)卒。