webinar register page

Webinar banner
(オンライン開催)第1回 NCDアライアンス・ジャパン患者・当事者向けセミナー「当事者の声を政策に反映させるために」/The First NCD Alliance Japan Seminar for People Living with Non-communicable Diseases – The Significance of Reflecting the Voices of PLWNCDs
昨今、医療政策の策定プロセスへの患者・市民参画(PPI: Patient and Public Involvement)のニーズが高まり、実際に国(厚生労働省など)や自治体が主導する委員会や検討会、審議会などに多くの患者・当事者の方々が委員として出席し発言を求められる機会が増えてきています。
しかし、実際に委員会や検討会に参加した患者・当事者委員からは「積極的な発言ができなかった」「自分の意見を伝えられなかった」といった声も数多く聞かれているという現状があります。
こうした現状を踏まえ、本来のあるべきPPIを実現するために、あらためてPPIの意義や好事例を紹介するためのイベントを開催いたします。第1回目となる今回は、「子どもと医療」プロジェクトの代表であり、当機構のフェローでもある阿真京子様より「当事者の声を政策に反映させる意義」と題して、ご自身が実際に活動する中で感じたことや好事例、PPIの課題についてご講演をいただきます。

In recent years, there has been a growing need for participation from patients and the people close to them in the healthcare policy formulation process. As such, there has been a substantial increase in situations in which these parties have been able to serve as committee members and speak at committees and at review meetings hosted by the national Government (such as the Ministry of Health, Labour and Welfare) or local governments. This type of involvement is called Patient and Public Involvement (PPI) and is recognized internationally as an essential element for achieving patient- and citizen-driven healthcare policy.
There, we will host Ms. Kyoko Ama for a lecture to be tentatively titled, “The Significance of Reflecting the Voices of Patients and Other Healthcare Beneficiaries in Policy.” Ms. Ama serves as the representative of the Children and Healthcare Project and as an HGPI Fellow and she will be sharing impressions from her own experiences in PPI and best practices and challenges in PPI.
Please note that this seminar is available in Japanese only. An English report of this event will be published in due course.

■スピーカー/ Speaker
阿真京子(子どもと医療プロジェクト 代表)/Kyoko Ama (Representative, Children and Healthcare Project)

■日時/ Date and Time
2021年12月7日(火)18:30-19:45 / Tuesday, December 7, 2021, 18:30-19:45 JST

■参加費/Fee
無料/Free

Dec 7, 2021 06:30 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

阿真 京子
当事者の声を政策に反映させるために @「子供と医療」プロジェクト代表/日本医療政策機構フェロー
1974年東京都生まれ。都内短期大学卒業後、日本語教師養成課程修了。マレーシア 国立サラワク大学にて日本語講師を務め、帰国後外務省・外郭団体である社団法人 日本外交協会にて国際交流・協力に携わる。その後、夫と飲食店を経営。2007年4月、保護者に向けた小児医療の知識の普及によって、小児医療の現状をより良くしたいと『知ろう!小児医療 守ろう!子ども達』の会を発足させ、2012年7月に一般社団法人知ろう小児医療守ろう子ども達の会となる。同会による講座は160回を数え、6000人以上の乳幼児の保護者へ知識の普及を行う。2018年からは企業でのセミナー、産婦人科の母親学級を実施(2020年4月末日同会解散)。東京立正短期大学 専攻科 幼児教育専攻(『医療と子育て』)非常勤講師。三児の母。 厚生労働省 上手な医療のかかり方を広めるための懇談会 構成員、厚生労働省 救急・災害医療提供体制等の在り方に関する検討会 委員、総務省消防庁 救急業務のあり方に関する検討会 委員、東京消防庁 救急業務懇話会 委員、東京都 小児医療協議会 委員、内閣官房 薬剤耐性(AMR)対策推進国民啓発会議 委員、その他、多くの委員を歴任。「子どもと医療」プロジェクト 代表。