webinar register page

シンポジウム「抑圧されたものの痕跡を求めて/辿って──記憶の存在論と歴史の地平II」
記憶とは現在における過去の表象であり、出来事の実在性には関与しない──記憶論にはびこるこの現在主義に対して、記憶の側から異議が申し立てられている。記憶には記憶固有の力と動きがあり、主体に成り代わって過去を証言することもありうる、と。「記憶の存在論」ともいうべき課題が、ここにはある。昨今、この課題はもっぱら「トラウマ記憶」として主題化されてきた。
「トラウマ記憶」は、一方で、経験主義の手続きでは認識することのできない出来事に接近する手掛かりを与えてくれる。同時に、記憶された出来事とその帰結のあいだに必ずしも単純な因果関係を打ち立てることができないという「トラウマ記憶」の性質を強調して、出来事が否認されることもある。だからといって、修正主義に対抗するために、「トラウマ記憶」の表現を、出来事の「証拠」として捉えてしまうと、記憶が記憶として存在することの意味に思考を閉ざし、記憶が切り開こうとした知の可能性を否定することになってしまう。
本シンポジウムでは、過去の──しばしば不可視の、それゆえそれを探し出すことから始めねばならない──痕跡として記憶を捉え、「抑圧された者/物たち」の記憶から歴史を切り拓くことの困難と可能性を、哲学、社会学、歴史学、精神分析学の立場から考察していきたい。

発表1:「「ありえない」出来事の行方――原爆の記憶と性暴力の記憶」 直野章子(京都大学)
発表2:「地を這うものたちの歴史──断絶の記憶から」 柿木伸之(広島市立大学)

討論者:冨山一郎(同志社大学)、立木康介(京都大学)

日時:2020年12月5日 14:00~16:30

共催:科学研究費基盤研究C「集合的記憶論とトラウマ記憶論の接合可能性の探求」(研究代表者:直野章子)

Dec 5, 2020 02:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register