webinar register page

Webinar banner
途上国の感染症対策に資する診断薬開発を推進するために(第2弾)
主催:長崎大学熱帯医学研究所NTDイノベーションセンター/日本顧みられない熱帯病アライアンス

マラリア、結核、顧みられない熱帯病。新型コロナウィルスの世界的流行の陰で、これら旧来の感染症は、なお、途上国の人々の生命や暮らしを脅かし続けています。これらの感染症対策を進めるうえで足かせのひとつとなるのが、良質で使いやすい診断薬の不在あるいは不足といわれています。とりわけ、顧みられない熱帯病に関しては、必要な診断薬を開発できるかどうかが、今後10年の対策の成否をわけると言えるでしょう。長崎大学NTDイノベーションセンターでは、日本国内での診断薬開発と国際市場への上市を促進する目的で、主に企業を対象とした連続ウェビナーを開催しています。第2回目となる今回のセミナーでは、国際市場をターゲットとした感染症診断薬の開発戦略と診断薬技術の紹介を行い、日本企業に共通する国際市場参入への障害とそれに対して企業がどのような支援を必要としているかについて参加者のみなさんと議論する場を設けます。

Jan 29, 2021 10:00 AM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register