webinar register page

Webinar banner
This webinar is for users with a Zoom account. New to Zoom? Sign up free.
「再生医療製品開発におけるpitfallをどう切り抜けるか」
〜開催のねらい
セルファイバ社は細胞をゲルチューブに封入・培養する技術をもちいて、細胞治療開発企業の製造工程の課題を解決する事業を展開しています。これまで様々なクライアント様との協業を通じて細胞製品開発の難しさの一端を垣間見てきました。その中で、開発が容易ではないという現実を直視しつつも、開発経験をオープンに議論したり企業間の連携を生み出す機会創出が分野の発展やよりよい治療を届けるために必要不可欠であるという想いから、本webinarの企画にいたりました。

〜Webinar概要
慶応義塾大学/Heartseed株式会社CEOの福田教授を招き、Heartseed株式会社の開発秘話についてお話し頂きます。とくに原料となる細胞の製造から、ベッドサイドで移植する方法まで幅広い技術開発を実現するにあたり、どんな壁にぶつかり、如何にその壁を乗り越えてきたかなどをお話し頂きます。後半には直接質問ができるQ&Aセッションも設けます。

日時:2022年5月18日 16:00 〜 17:00 / Zoomによるオンライン開催
開催主旨説明:5分
福田先生講演:30分 「再生医療製品開発におけるpitfallをどう切り抜けるか」
質疑応答:20分
セルファイバ紹介:10分

〜登壇者
福田恵一教授 慶應義塾大学医学部循環器内科 / Heartseed株式会社CEO(https://heartseed.jp/)
慶應義塾大学発のバイオベンチャー。iPS細胞を用いた心筋再生医療を「当たり前の治療法」とすることを目指し、iPS細胞から高純度の心室型心筋細胞を作製する技術、移植技術やiPS細胞の作製方法など、心筋再生医療の普及に必要な多数の独自技術を有してる。

〜主催会社
株式会社セルファイバ(https://cellfiber.jp/)
東京大学発のスタートアップ。「『細胞をつかったものづくり』 で地球規模の課題解決に貢献する」をミッションに掲げ、独自の細胞培養プラットフォーム技術を保有し、現在は主に再生医療分野の開発コストや治療費の低減化に貢献すべく、様々なソリューション開発を行っている。

01:07:00

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

福田恵一教授
再生医療製品開発におけるpitfallをどう切り抜けるか @慶應義塾大学医学部循環器内科 / Heartseed株式会社CEO
1983年慶應義塾大学卒業、87年同大学院(循環器内科)修了。国立がんセンター研究所研究員、米国ハーバード大学、ミシガン大学留学を経て、95年慶應義塾大学助手、99年講師、2005年再生医学教授、2010年循環器内科教授、2015年慶應大学発バイオベンチャーHeartseed社創設CEO就任。