webinar register page

ウェブセミナー【金属積層造形技術と材料及び造形品の評価技術】
金属積層造形技術(Additive manufacturing/呼称:3Dプリンター、以下AM )によるモノづくりは、ドイツを中心としたヨーロッパで広く浸透しています。一方で、日進月歩で進化する装置だけではなく、材料となる金属パウダーの評価・管理および造形物の評価も同様にこの新しい技術を確立する非常に重要な役割を果たします。
VERDERグループの製品はAMの本場であるドイツ製品を主とし、このAM造形を陰で支える製品を幅広く取り揃えております。本セミナーは「材料及び造形品の評価技術」にフォーカスした、これまでなかった切り口のセミナーです。国際規格の動向など最新の情報を交え紹介致します。
更に、近畿大学 特任教授で技術研究組合 次世代3D積層造形技術 総合開発機構(TRAFAM)のプロジェクトリーダーである京極 秀樹先生をお招きしご講演頂きます。
既にAMに取り組まれている方は勿論、これから学んでいきたい方まで奮ってご参加ください。


<プログラム>
1. [基調講演] 近畿大学 次世代基盤技術研究所 京極秀樹 特任教授

2. 金属パウダーの分級と縮分
 金属パウダーを「分級」する際のコツとサンプリングの際に生じる誤差を低減する「縮分」を紹介します。
 講師;ヴァーダー・サイエンティフィック(株)二宮苗央

3. 金属パウダーの粒子径分布・粒子形状測定
 金属パウダーの流動性、緻密性に重要な粒子径分布・粒子形状、そして厄介者の粗大粒子の検出。動的画像解析式ならではの測定事例を紹介します。
 講師;マイクロトラック・ベル(株)佐藤浩二

4. 積層造形部品の応力除去・脱脂・焼結
 DMLS造形品の応力除去、間接法の造形物の脱脂・焼結に最適な製品を紹介します。
 講師;ヴァーダー・サイエンティフィック(株)島村克好

5. 金属パウダー、及び積層造形品の元素分析
 金属パウダー中に含まれる炭素・硫黄・酸素・窒素・水素が、積層造形後の金属に与える影響と、その分析手法を紹介します。
 講師;ジャパンマシナリー(株)中村充

6. 造形部品構造解析のサンプル作製:切断~研磨
 3Dプリンターによる造形物の構造解析に必要なサンプルの作製手順を紹介します。
 講師;ヴァーダー・サイエンティフィック(株)長沢浩樹


<注意事項>
・当社競合製品を販売されている企業のお客様の参加登録はお断りしております。
・ご記入頂く個人情報は、当社及びグループ会社からの連絡及びサービス・商品等のご紹介をする為に使わせて頂く場合がございます。
・配信中は、参加者同士の映像・音声・お名前などは一切伝わりません。
 講演者側の映像・音声だけが配信されますのでご安心ください。
・映像が見えない、音声が聞こえないなど正常に作動しなかった方は、大変申し訳ございませんが、
 他のパソコン、あるいはタブレットなどの他のデバイスをお試しください。
・視聴する機器の不具合や、インターネット環境による不具合などのお問い合わせには対応致しかねます。大変申し訳ございませんが、原則ご自身にてご対応願います。
・セミナー開始後の問い合わせはご遠慮頂けると幸いです。
・ZOOMの「投票機能」を使用する場合がございます。本機能はZOOMのアプリケーションで有効です。


参加費用:無料

ウェビナーツール:ZOOM

Apr 20, 2021 01:30 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register