webinar register page

Webinar banner
第97回HGPIセミナー「脱ブラック霞が関~行政府の役割と今後の改革に向けて~」/The 97th HGPI Seminar – The Role of the Administration and Steps for Future Reform to Correct Unhealthy Work Styles at Kasumigaseki
今回のHGPIセミナーでは、厚生労働省で長年社会保障・労働分野の法律改正等に携わり、現在、株式会社千正組 代表取締役社長としてご活躍されている千正康裕氏をお迎えいたします。
霞が関の働き方の現状や課題、また、働き方改革を進めて国民に届くよりよい政策をつくるための改革について解説いただくほか、千正組での現在の官民の橋渡しの取組についてもお話いただきます。またCOVID-19流行に伴い、国民の医療政策への関心が高まるなかで、政策策定プロセスの現状の課題や今後期待される取り組みについても、皆様と理解を深めたいと思います。

HGPI Seminar will feature Mr. Yasuhiro Sensho, who was previously involved in legal reform in the field of long-term social security and labor at the MHLW and now serves as CEO of SENSHO-GUMI Co., Ltd.
At the seminar, Mr. Sensho will describe the current situation regarding work styles at Kasumigaseki, challenges facing work style reform in Kasumigaseki, and the reforms needed to provide better policies by advancing work style reform. He will also discuss current efforts being made at SENSHO-GUMI to bridge the gap between the public and private sectors. As public interest in healthcare policy has been heightened due to the COVID-19 pandemic, we would like to take this opportunity to deepen our understanding of current issues facing the policy formulation process and efforts that show high potential for future progress together with everyone in the audience.

Please note that this seminar is available in Japanese only. An English report of this event will be published in due course.

 ■スピーカー/ Speaker:
千正 康裕 氏(株式会社千正組 代表取締役社長)/ Mr.Yasuhiro Sensho (CEO, SENSHO-GUMI Co., Ltd.)

■日時/ Date and Time
2021年7月28日(水)18:30-19:45 / Wednesday, July 28, 2021 from 18:30 to 19:45

■参加費/Fee
無料/Free

Jul 28, 2021 06:30 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

Speakers

千正 康裕
株式会社千正組 代表取締役社長 @同志社大学心理学部
1975年生まれ。1999年慶應義塾大学法学部政治学科卒、2001年厚生労働省入省。年金局等を経て、大臣官房総務課課長補佐、厚生労働大臣政務官秘書官を歴任。その後、2013年医政局研究開発振興課課長補佐で再生医療安全性確保法の立案を担当。厚労省初の在インド日本国大使館一等書記官として、日印規制当局間の交流を立ち上げインドにおける日本の医療機器の審査簡素化を実現。2016年厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課課長補佐として厚労省復帰。2017年政策統括官付社会保障担当参事官室室長補佐として2040年の社会保障の見通し、骨太の方針、外国人労働者の受入れなどを担当。2018年医政局総務課医療政策企画官として医師の働き方改革などに取り組む。2019年に44歳で厚生労働省退官。2020年に株式会社千正組を設立し、医療介護福祉分野を中心にコンサルティング、インド進出支援、政策提言を行うほか、執筆やメディア出演をしている。その他、内閣府男女共同参画局安心・安全WG 構成員、環境省働き方改革加速化有識者会議委員も務める。朝日新聞デジタル有識者コメンテーター、PoliPoli有識者会員も務める。医療関係の団体の登壇多数。著書に「ブラック霞が関」(新潮新書)。m3で医師の働き方改革について連載中。Noteで定期購読マガジン「政策人材の教科書」執筆中。