webinar register page

「手書き受注伝票」「ダスキン伝票」「納品書」等のOCRとスキャナ保存の先進事例ウェビナー
「手書き受注伝票」「ダスキン伝票」「納品書」等のOCRとスキャナ保存の先進事例 ウェビナー
国税関係書類の電帳法「スキャナ保存」を導入する上で、キーソリューションとなるのがOCRです。

今回のウェビナーでは、JIIMA2020年ベストプラクティス賞を受賞した茨城県大同青果株式会社様、株式会社武蔵野様、神奈川県の中堅製造業様の事例に基づいた「OCR」と「スキャナ保存」について、デモを交えての解説をします。

1)スキャナの選定
2)電子化ファイルの設定
3)OCR設定処理
4)OCR設定のチューニング
5)ファイル名のRename処理など、
構想から導入・稼働時など、日頃の疑問が解消します。

<メリット>
OCR 処理後は、国税関係書類の電帳法「スキャナ保存」対応ソリューション(※)にPDFやCSVをセットでインポート後、タイムスタンプなどの要件確保することで、紙伝票や書類の原本廃棄が可能です。

※国税関係書類の電帳法「スキャナ保存」対応ソリューション:
ここでは、「ScanSave on ONeSaas/e-Success on ONeSaas」(アンテナハウス社製のクラウド対応ソリューション)を指します。


今回のウェビナーでは、「ScanSave on ONeSaas/e-Success on ONeSaas」についてもサービス費用や各種事例の説明も行います。

<対象者>
・中堅企業の担当業務部門
・スキャナ保存制度システム導入による業務効率化を検討中の企業様
・上記先への提案販売をするSier様 他


<プログラム>(敬称略)
13:15 受付開始

13:30~13:35 ご挨拶
アンテナハウス株式会社 e-ドキュメントソリューショングループ 取締役 益田康夫

13:35~14:15 プレゼンテーション①
国税関係書類の電帳法「スキャナ保存」を支えるキーソリューション「OCR」の製品とその事例について
(講師:株式会社NTTデータNJK  メディアドライブ事業部 営業部 山本 晃弘)

14:15~14:25 プレゼンテーション②
「ScanSave on ONeSaas/e-Success on ONeSaas」についてもサービス費用や各種事例のご説明
(講師:行政書士、上級文書情報管理士、JIIMA法務委員会副委員長 アンテナハウス株式会社 取締役 益田康夫)

14:25~14:30 質疑応答(zoomのチャット機能を用います)

【視聴方法について】
本ウェビナーは無料です。
こちらで登録したメールアドレス宛に、Zoomウェビナーへのご招待メールをお送りします。 当日、メールに記載されたURLをクリックしていただくと、ウェビナーを視聴いただけます。

Feb 16, 2021 01:30 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

主催:アンテナハウス株式会社
* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register