Meeting Register Page

Meeting banner
Voice×PHP総研ウェビナー第3回「日本の財政・金融政策の出口」
月刊誌『Voice』は、よりよい世界と日本の実現に向けて各界識者が新鮮な視点や前向きなビジョンを提起しあう媒体として、PHP研究所の創設者である松下幸之助の強い想いとともに創刊されました。雑誌受難と言われておりますが、鋭敏な時代認識に基づく建設的な議論の場を提供する論壇誌の役割はますます大きなものになっているのではないでしょうか。

こうした問題意識から、『Voice』編集部と国家経営に関する様々な研究活動を行なっている政策シンクタンクPHP総研は、『Voice』の注目論考の著者をゲストに迎え、読者と考えを深める場としてウェビナーを共催することに致しました。第三回目は、『Voice』2021年5月号総力特集に寄稿した中里透氏と、バブル崩壊後からコロナ禍に至る日本経済の歩みを振り返りながら、コロナ後を見据えた財政・金融政策のあり方や異次元緩和の「出口」について考えます。そして、『社会保障と財政の危機』(PHP新書)を昨年上梓された鈴木亘氏とは、コロナ後の社会保障のあり方を踏まえて、日本の財政に起こり得るリスクについてお話を伺います。

日本でもワクチン接種が開始され、経済正常化への期待が膨らんでいます。その一方で、コロナ禍対応で拡大した財政赤字への懸念の高まりと共に、日本の財政健全化政策の行方が注目されています。本ウェビナーでは、経済学者と共に政府のマクロ経済政策の方向性や、日銀に求められている新たな戦略について議論していきます。モデレーターはPHP総研客員研究員の鈴木崇弘が務めます。

Apr 23, 2021 04:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Meeting logo
Loading
* Required information