Zoom緊急通話サービス

EU圏のお客様への通知

2020年2月より有効

本通知は、Zoom Phoneを利用して、緊急通報サービスに接続する機能について、重要な情報を提供するものです。  よく読んでください。

Zoom緊急通話サービス:  Zoom Phoneの緊急通話サービスは、従来の緊急時の通話サービスとは操作が異なります。.  Zoom Phoneは、緊急通話が利用できない状況、または従来の緊急電話サービスと比較して何らかの制限がある状況をお客様に通知する必要があります。  以下の点に注意してください。

(1) サービスが中断した場合に備えるVoIP電話サービスは、サービスに継続して加入しているか(および支払いがされているか)だけでなく、インターネットの接続性や電源にも左右されます。停電、ネットワーク障害、インターネットの機能停止(渋滞を含む)が発生した場合、または料金滞納が原因でサービスが切断または中断された場合、緊急通話サービスにも障害、中断、遅延が発生する可能性があります。サービスの中断時に緊急サービスに確実にアクセスできるよう、代替の電話サービス(携帯電話など)を用意しておくことをお勧めします。

(2) 切断しない緊急サービスの通信係から指示されるまでは、緊急サービス通話を切らないでください。誤って切断した場合は、すぐに電話をかけ直してください。

(2)ネットワーク構成  御社のネットワーク構成がZoom Phoneサービスの接続を許可していない場合、御社はZoom Phoneサービスにアクセスできないため、緊急通話サービスにアクセスできません

(4)サービス移転および非ネイティブの電話番号  従来の緊急通話サービスは、ユーザーの電話番号に基づいて、緊急通話の呼び出しを地域の緊急通報応答センターに自動的に送信します。  従来の拡張緊急通話サービスは、緊急通話の呼び出しをユーザーの住所と電話番号を付けて、地域の緊急通報応答センターに自動的に送信します。  Zoom Phoneサービスでは、顧客(および顧客のユーザー)はブロードバンドインターネット接続があればどこでもZoom Phoneサービスを使用でき、現在の場所に対応していない可能性がある番号を取得できるため、Zoom Phone緊急通話サービスは次の特定の点において従来の緊急通話サービスとは機能が異なります。

ユーザーの電話番号が必ずしもユーザーの物理的な場所に対応しているとは限らないため、会社がサービスをセットアップする際には、すべてのユーザーが自分の登録所在地を使用してZoom Voiceを提供する必要があります。  登録場所は、ユーザーがZoom Phoneサービスを使用する所在場所です。

可能な場合は、Zoom Phoneは、ユーザーの登録所在地を自動的に地域の緊急通報応答センターに送信します。  したがって、ユーザ-は、Zoom Phoneサービスにアクセスするために使用する機器(例:ノートパソコン、タブレット、モバイルデバイス、固定電話、デスクトップコンピューター)を移転する場合は、登録場所を更新する必要があります。  ユーザーが登録場所を更新していない場合、Zoom Phoneサービスによる緊急通話は、ユーザーが以前提供した登録場所に基づいてルーティングされるため、適切な地域の緊急通報応答センターにルーティングされない可能性があります。

ユーザーがZoom Phoneに登録所在地の変更を通知すると、新しい登録所在地が緊急通話サービスの適切なルーティング先として反映され、緊急通報応答センターに通知されるまで、時差が生じる場合があります。

ユーザーの登録場所に誤りがあるほか、技術的な原因により、地域の緊急通報応答センターでユーザーの住所と電話番号を把握できない場合があります。  つまり、ユーザーは、電話がつながると、直ちに応答する地域緊急通報応答センターに自分の名前、現在地の住所、電話番号を伝えられる準備をしておく必要があります。

(5) 他のユーザーへの通知  従業員、来客、VoIPサービスを使用している可能性のあるユーザーに、緊急通報の内容と制限事項を通知してください。  Zoom Phoneから支給されたステッカーを見える場所に貼ってください。

(6) 発信専用内線  御社は、発信通話用の特定の内線を有効にできます。  発信通話専用の内線は、受信通話を受けるための電話番号を割り当てられることはありません。  Zoom Phoneの発信通話専用の内線から緊急通話を発信した場合、会社の住所に基づいてルーティングされるため、緊急通報応答センターは会社の住所とZoomが割り当てた電話番号をコールバック番号として受け取ります。 

(7) 賠償責任の制限  Zoom Phoneは、Zoom Phonサービスを使用して行われた緊急通報に、地域の緊急通報応答センターが対応するかどうか、あるいはその方法を管理することはできません。  Zoom Phoneは、地域の緊急通報応答センターの行為について一切の責任を負いません。  Zoom Phoneでは、緊急通報を地域の緊急通報応答センターにルーティングする作業については、サードパーティの機関に一任しています。  第三者によるルーティングが誤っていた場合、またはルーティングに使用したデータが誤っていた場合、Zoomは一切の責任を負いません。  Zoom Phone、およびZoom Phoneサービスに関連してお客様にサービスを提供するZoom Voiceの役員、取締役、従業員、関連会社、代理店、その他のサービスプロバイダー(以下「Zoomの被補償者」)は、Zoom Phoneの緊急通話サービスに起因または関連して発生するあらゆる補償請求、損害、損失、罰金、罰則、コスト、および経費(総称して「請求」)について責任を負わないものとし、Zoomの重大な過失、無謀行為、または故意の不正行為からかかる請求が発生しない限り、お客様はここにかかる請求の一切を放棄するものとします。お客様は、Zoom Phoneサービスの欠如、障害、停止、不正な緊急通報、および/または本サービスのユーザーが緊急通報サービスを利用できないこと、または緊急サービス担当者にアクセスできない場合も含め、お客様または第三者によって、またはその代理として、あらゆる請求からZoomの被補償者を守り、補償し、免責するものとします。

顧客アカウント管理者は、ユーザーをZoom Phoneサービスに登録する前に、この通知が読まれ、理解されたことを確認する必要があります。登録場所が常に更新された状態であり、ユーザーが緊急通話サービスの通知に関する全要件に準拠していることを確認する責任は顧客が負います。